HDD復旧顛末

裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0 eSATAコンボ(今から考えると、かなり無駄な高スペック) と HGST 3.5inch 7200rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps 二台を揃えたのでRAIDとやらを組んでみた。単純なRAID1、ミラーリングである。
設定してみたものの、つないでも動かない。認識しない。泣けた困った。
そのままにして数日が経過した後、兄から電話がかかってきたので、野暮用を済ますついでに聞いてみる。あっさり解決。Windows側でなんかしないといけなかったらしい。
その後、(論理)フォーマットして使えるようになった。
で、バリバリとデータを移す。高い大容量をRAIDまで組んだんだ、これをアーカイブにしてしまえばいーじゃんいーじゃん? そんな感じで、ほうぼうから自炊本とか動画とかをどんどん入れる。これで、500GBくらいは埋まった。
さらに、溜りに溜まった画像を動かしてみた。動かすのはプログラムにやらせたので、数はわからないのだが、だいたい40,000ファイルくらい動かしたあたりで書き込みエラーが出た。残り10,000ファイルくらいじゃなかったかしら。
しかし、画像がこの数ってのもなかなかすごいな。やっぱり、画像を認識して分類タグ付けする人工知能の開発が急がれるね。
で、かぶった画像なんかは省きながら(画像の同定にはMD5を使った)、それをjpgからpngに変換しつつ動かしたのだが、途中で失敗した。
ふてくされるだけでは何なので、修理を依頼してみた。ここで間違えたなーと後で思ったのは、先に誰かに相談してもよかったことだ。
ググッて見つかった最初の方にあった業者に、フォームから無料診断をお願いした。
翌日月曜日、電話で反応があったので、詳しく説明、早速HDDを送った。頼んだぞクロネコ! ちなみその時対応した人は、クラッシュした理由はハード的なものでは?と推測していた。物理的にアレしていたか、ファームウェアがアレしていたか、そんな感じ。
早速中身をみてもらう。速くて高いコース(データの鮮度が高いままなので復旧可能性高)とゆっくり安いコース(前者の逆)のどちらかと、入ってたデータのうちどれを優先するかを聞かれた。なので、考えた末にゆっくりコース(流石に高いんよ)、優先は自炊本のpdfで、pngやjpgは最悪破棄でよい、と回答。で、最大5日くらいかかると言われて作業に入ってもらった。
で、本日木曜日、10月6日、症状的にはほんと単純にディレクトリが壊れてただけみたいで、すぐにほぼ全てが復旧できたっぽい。それを告げる電話があった訳だが。
「ええ、○○○とか×××とか無修正とかのフォルダが見えて、その中のファイルAAAとかBBBとか、普通に開けますね。相当ありますけど、全部大丈夫みたいです」
他人にハードディスクの中身を読み上げられるって、これ一体なんて羞恥プレイ? 例えば釘宮声で言われたりしたらそれはそれで興奮もできるだろうけど、男に言われてもなー。いやいやいや、贅沢はいかん。いやいやいや、それもなんか違う。
で、本日は料金を振込み、最短で日曜日には戻ってくる予定。

HDD復旧顛末

裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0 eSATAコンボ(今から考えると、かなり無駄な高スペック) と HGST 3.5inch 7200rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps 二台を揃えたのでRAIDとやらを組んでみた。単純なRAID1、ミラーリングである。
設定してみたものの、つないでも動かない。認識しない。泣けた困った。
そのままにして数日が経過した後、兄から電話がかかってきたので、野暮用を済ますついでに聞いてみる。あっさり解決。Windows側でなんかしないといけなかったらしい。
その後、(論理)フォーマットして使えるようになった。
で、バリバリとデータを移す。高い大容量をRAIDまで組んだんだ、これをアーカイブにしてしまえばいーじゃんいーじゃん? そんな感じで、ほうぼうから自炊本とか動画とかをどんどん入れる。これで、500GBくらいは埋まった。
さらに、溜りに溜まった画像を動かしてみた。動かすのはプログラムにやらせたので、数はわからないのだが、だいたい40,000ファイルくらい動かしたあたりで書き込みエラーが出た。残り10,000ファイルくらいじゃなかったかしら。
しかし、画像がこの数ってのもなかなかすごいな。やっぱり、画像を認識して分類タグ付けする人工知能の開発が急がれるね。
で、かぶった画像なんかは省きながら(画像の同定にはMD5を使った)、それをjpgからpngに変換しつつ動かしたのだが、途中で失敗した。
ふてくされるだけでは何なので、修理を依頼してみた。ここで間違えたなーと後で思ったのは、先に誰かに相談してもよかったことだ。
ググッて見つかった最初の方にあった業者に、フォームから無料診断をお願いした。
翌日月曜日、電話で反応があったので、詳しく説明、早速HDDを送った。頼んだぞクロネコ! ちなみその時対応した人は、クラッシュした理由はハード的なものでは?と推測していた。物理的にアレしていたか、ファームウェアがアレしていたか、そんな感じ。
早速中身をみてもらう。速くて高いコース(データの鮮度が高いままなので復旧可能性高)とゆっくり安いコース(前者の逆)のどちらかと、入ってたデータのうちどれを優先するかを聞かれた。なので、考えた末にゆっくりコース(流石に高いんよ)、優先は自炊本のpdfで、pngやjpgは最悪破棄でよい、と回答。で、最大5日くらいかかると言われて作業に入ってもらった。
で、本日木曜日、10月6日、症状的にはほんと単純にディレクトリが壊れてただけみたいで、すぐにほぼ全てが復旧できたっぽい。それを告げる電話があった訳だが。
「ええ、○○○とか×××とか無修正とかのフォルダが見えて、その中のファイルAAAとかBBBとか、普通に開けますね。相当ありますけど、全部大丈夫みたいです」
他人にハードディスクの中身を読み上げられるって、これ一体なんて羞恥プレイ? 例えば釘宮声で言われたりしたらそれはそれで興奮もできるだろうけど、男に言われてもなー。いやいやいや、贅沢はいかん。いやいやいや、それもなんか違う。
で、本日は料金を振込み、最短で日曜日には戻ってくる予定。

HDD復旧顛末

裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0 eSATAコンボ(今から考えると、かなり無駄な高スペック) と HGST 3.5inch 7200rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps 二台を揃えたのでRAIDとやらを組んでみた。単純なRAID1、ミラーリングである。
設定してみたものの、つないでも動かない。認識しない。泣けた困った。
そのままにして数日が経過した後、兄から電話がかかってきたので、野暮用を済ますついでに聞いてみる。あっさり解決。Windows側でなんかしないといけなかったらしい。
その後、(論理)フォーマットして使えるようになった。
で、バリバリとデータを移す。高い大容量をRAIDまで組んだんだ、これをアーカイブにしてしまえばいーじゃんいーじゃん? そんな感じで、ほうぼうから自炊本とか動画とかをどんどん入れる。これで、500GBくらいは埋まった。
さらに、溜りに溜まった画像を動かしてみた。動かすのはプログラムにやらせたので、数はわからないのだが、だいたい40,000ファイルくらい動かしたあたりで書き込みエラーが出た。残り10,000ファイルくらいじゃなかったかしら。
しかし、画像がこの数ってのもなかなかすごいな。やっぱり、画像を認識して分類タグ付けする人工知能の開発が急がれるね。
で、かぶった画像なんかは省きながら(画像の同定にはMD5を使った)、それをjpgからpngに変換しつつ動かしたのだが、途中で失敗した。
ふてくされるだけでは何なので、修理を依頼してみた。ここで間違えたなーと後で思ったのは、先に誰かに相談してもよかったことだ。
ググッて見つかった最初の方にあった業者に、フォームから無料診断をお願いした。
翌日月曜日、電話で反応があったので、詳しく説明、早速HDDを送った。頼んだぞクロネコ! ちなみその時対応した人は、クラッシュした理由はハード的なものでは?と推測していた。物理的にアレしていたか、ファームウェアがアレしていたか、そんな感じ。
早速中身をみてもらう。速くて高いコース(データの鮮度が高いままなので復旧可能性高)とゆっくり安いコース(前者の逆)のどちらかと、入ってたデータのうちどれを優先するかを聞かれた。なので、考えた末にゆっくりコース(流石に高いんよ)、優先は自炊本のpdfで、pngやjpgは最悪破棄でよい、と回答。で、最大5日くらいかかると言われて作業に入ってもらった。
で、本日木曜日、10月6日、症状的にはほんと単純にディレクトリが壊れてただけみたいで、すぐにほぼ全てが復旧できたっぽい。それを告げる電話があった訳だが。
「ええ、○○○とか×××とか無修正とかのフォルダが見えて、その中のファイルAAAとかBBBとか、普通に開けますね。相当ありますけど、全部大丈夫みたいです」
他人にハードディスクの中身を読み上げられるって、これ一体なんて羞恥プレイ? 例えば釘宮声で言われたりしたらそれはそれで興奮もできるだろうけど、男に言われてもなー。いやいやいや、贅沢はいかん。いやいやいや、それもなんか違う。
で、本日は料金を振込み、最短で日曜日には戻ってくる予定。

著作権法は改正すべきだと僕が改めて思った理由について

 ベッドが、へこんだ。だから、著作権法は改正されなければならない、と僕は結論した。
 何故と言うならば、それは僕がベッドの上に立ったからだ。僕の今の体重は94.4kg。TANITAのひょう量136kgの代物で先日計った数値だ。ちなみに136kgと言うのは、300ポンドの意味だ。アメリカで作られたアメリカ規格のロードセルを輸入してkg表示のチップをくっつけるとこういうことになる。体重計の制作技術そのものは既にギリギリまでモジュール化が進められており、ロードセル・電源部・検出部・表示部の部品をハンダゴテ片手に組み立てるだけで(精度はともかく)素人でも作ることができる。使っているのはそんな風にして作られた量産品であり、精度も家庭用でしかない。なので、統計学的には僕の真の体重は恐らく94.4kgではない。が、それはこの際どうでもいい。
 僕が何故ベッドに立ったのかといえば、それは部屋の反対側ベッドの向うにある何かを手に取りたかったからである。それを手に取るには、ベッドを越えなければならなかった。正確には、本棚とそこから溢れでた本が本来通路であるべき場所を占領しており、ベッドを通らざるを得ない状況だったのだ。もっとも、この状況は数年前からずっと継続していて、長期的な懸案事項ではあるのだが、なかなか解決の端緒がつかめずにいる。人はそれを怠慢と呼ぶのだろうが。
 しかし僕もいつまでも手をこまねいている訳ではない。自炊、あるいは自炊代行業者を通じて蔵書の体積減少、ひいては部屋の容量確保、換気の効率アップなどを模索しているのだが、諸々の問題があった。
 その問題の中の一つが、もっとも体積が大きく容量を逼迫させるのが、雑誌であることであり、別の問題として、自炊業者は雑誌の自炊を「著作権者が特定しづらい」との理由から断っているのが大半だからである。この二つの理由が合わさると、自炊による体積の削減は非常に効率が悪いことになる。同じ冊数であるならば、雑誌と文庫本では雑誌を優先して処理した方が効果的であるのは一目瞭然である。
 そんな訳で、著作権法は改正されて雑誌等の自炊を邪魔しないようになるべきであると結論した訳だ。僕のベッドがこれ以上壊れないためにはこれしかない、と僕は強く確信している。
 著作権周りの「著作権制定に尽力した人がまだ生きていて、各方面に睨みを効かせているので、この人物が死ぬまでは著作権法を抜本解決することは難しい」と言う都市伝説を思い出してはその誰かさんへの呪詛をつぶやいてみたりもするのだが、それよりも著作権を50年から70年に伸ばそうとする勢力の方が強くて嫌になる。アメリカでは「ネズミ保護法」などと揶揄された延伸法案であるが、日本では一体どう呼ばれるのだろう。

著作権法は改正すべきだと僕が改めて思った理由について

 ベッドが、へこんだ。だから、著作権法は改正されなければならない、と僕は結論した。
 何故と言うならば、それは僕がベッドの上に立ったからだ。僕の今の体重は94.4kg。TANITAのひょう量136kgの代物で先日計った数値だ。ちなみに136kgと言うのは、300ポンドの意味だ。アメリカで作られたアメリカ規格のロードセルを輸入してkg表示のチップをくっつけるとこういうことになる。体重計の制作技術そのものは既にギリギリまでモジュール化が進められており、ロードセル・電源部・検出部・表示部の部品をハンダゴテ片手に組み立てるだけで(精度はともかく)素人でも作ることができる。使っているのはそんな風にして作られた量産品であり、精度も家庭用でしかない。なので、統計学的には僕の真の体重は恐らく94.4kgではない。が、それはこの際どうでもいい。
 僕が何故ベッドに立ったのかといえば、それは部屋の反対側ベッドの向うにある何かを手に取りたかったからである。それを手に取るには、ベッドを越えなければならなかった。正確には、本棚とそこから溢れでた本が本来通路であるべき場所を占領しており、ベッドを通らざるを得ない状況だったのだ。もっとも、この状況は数年前からずっと継続していて、長期的な懸案事項ではあるのだが、なかなか解決の端緒がつかめずにいる。人はそれを怠慢と呼ぶのだろうが。
 しかし僕もいつまでも手をこまねいている訳ではない。自炊、あるいは自炊代行業者を通じて蔵書の体積減少、ひいては部屋の容量確保、換気の効率アップなどを模索しているのだが、諸々の問題があった。
 その問題の中の一つが、もっとも体積が大きく容量を逼迫させるのが、雑誌であることであり、別の問題として、自炊業者は雑誌の自炊を「著作権者が特定しづらい」との理由から断っているのが大半だからである。この二つの理由が合わさると、自炊による体積の削減は非常に効率が悪いことになる。同じ冊数であるならば、雑誌と文庫本では雑誌を優先して処理した方が効果的であるのは一目瞭然である。
 そんな訳で、著作権法は改正されて雑誌等の自炊を邪魔しないようになるべきであると結論した訳だ。僕のベッドがこれ以上壊れないためにはこれしかない、と僕は強く確信している。
 著作権周りの「著作権制定に尽力した人がまだ生きていて、各方面に睨みを効かせているので、この人物が死ぬまでは著作権法を抜本解決することは難しい」と言う都市伝説を思い出してはその誰かさんへの呪詛をつぶやいてみたりもするのだが、それよりも著作権を50年から70年に伸ばそうとする勢力の方が強くて嫌になる。アメリカでは「ネズミ保護法」などと揶揄された延伸法案であるが、日本では一体どう呼ばれるのだろう。

著作権法は改正すべきだと僕が改めて思った理由について

 ベッドが、へこんだ。だから、著作権法は改正されなければならない、と僕は結論した。
 何故と言うならば、それは僕がベッドの上に立ったからだ。僕の今の体重は94.4kg。TANITAのひょう量136kgの代物で先日計った数値だ。ちなみに136kgと言うのは、300ポンドの意味だ。アメリカで作られたアメリカ規格のロードセルを輸入してkg表示のチップをくっつけるとこういうことになる。体重計の制作技術そのものは既にギリギリまでモジュール化が進められており、ロードセル・電源部・検出部・表示部の部品をハンダゴテ片手に組み立てるだけで(精度はともかく)素人でも作ることができる。使っているのはそんな風にして作られた量産品であり、精度も家庭用でしかない。なので、統計学的には僕の真の体重は恐らく94.4kgではない。が、それはこの際どうでもいい。
 僕が何故ベッドに立ったのかといえば、それは部屋の反対側ベッドの向うにある何かを手に取りたかったからである。それを手に取るには、ベッドを越えなければならなかった。正確には、本棚とそこから溢れでた本が本来通路であるべき場所を占領しており、ベッドを通らざるを得ない状況だったのだ。もっとも、この状況は数年前からずっと継続していて、長期的な懸案事項ではあるのだが、なかなか解決の端緒がつかめずにいる。人はそれを怠慢と呼ぶのだろうが。
 しかし僕もいつまでも手をこまねいている訳ではない。自炊、あるいは自炊代行業者を通じて蔵書の体積減少、ひいては部屋の容量確保、換気の効率アップなどを模索しているのだが、諸々の問題があった。
 その問題の中の一つが、もっとも体積が大きく容量を逼迫させるのが、雑誌であることであり、別の問題として、自炊業者は雑誌の自炊を「著作権者が特定しづらい」との理由から断っているのが大半だからである。この二つの理由が合わさると、自炊による体積の削減は非常に効率が悪いことになる。同じ冊数であるならば、雑誌と文庫本では雑誌を優先して処理した方が効果的であるのは一目瞭然である。
 そんな訳で、著作権法は改正されて雑誌等の自炊を邪魔しないようになるべきであると結論した訳だ。僕のベッドがこれ以上壊れないためにはこれしかない、と僕は強く確信している。
 著作権周りの「著作権制定に尽力した人がまだ生きていて、各方面に睨みを効かせているので、この人物が死ぬまでは著作権法を抜本解決することは難しい」と言う都市伝説を思い出してはその誰かさんへの呪詛をつぶやいてみたりもするのだが、それよりも著作権を50年から70年に伸ばそうとする勢力の方が強くて嫌になる。アメリカでは「ネズミ保護法」などと揶揄された延伸法案であるが、日本では一体どう呼ばれるのだろう。

ブンガクに政治を持ち込むなよ……

「中国嫁の差別性」によせて - そこにいるか - The cape of an islandを読んだけれども直後の印象としては「……で、何が言いたいん?」以上の物もなく。
こういうコンテンツ商売で過度に用語の政治性とかポリティカル・コレクトネスに留意するとどんどん面白さがスポイルされるのは何百年も前からわかっている周知の事実で。
たとえば、ダンテが神曲作中で当時の自分の政敵を地獄に落として悦に入っているのを、現代人は注釈がないと理解できないし、しかもそれを作品の本筋には不要のディテールであり、もう作者ダンテに対して「私怨乙」としか言いようがない。
もし仮に徹底的にポリティカル・コレクトネスに留意したとすると、それはもうそれを逆手に取ったギャグにしか成り得ない訳で。

政治的に正しいおとぎ話

政治的に正しいおとぎ話

政治的にもっと正しいおとぎ話

政治的にもっと正しいおとぎ話

たとえばこんな本だったり。「木こり」のことを「燃料供給業者」と呼んだりして何がどうなると言うんだ。
刑事コロンボがこんなこと言わなきゃならんのか?
フランスのルパン三世では、次元大介はシケモクのかわりにチュッパチャップスをずっと口にくわえている訳だが、それでかっこ良さが保てるのか?
率直に言って、「角を矯めて牛を殺す」以外の何者でもないと思うよ。ブンガク殺して楽しいか?
あまつさえ、「嫁の字は原義からしてうんたら〜」だったら「民」って字も「幸」って字も使うなよ。白石先生の言ってることだぞ。「民」は目を潰された奴隷階級を表現した文字で〜とか、「幸」は手枷から解き放たれたポーズが元で〜とか。「嫁」の字の差別性に言及するなら、その他の文字にもしてやれよ。文字を差別すんな。
それに、現在において「嫁」がどのような文脈で使われているかを考えれば、「家父長制度が〜」なんてのはヤクザのいちゃもんと同レベル。オタクが「嫁」と言ったら奴隷どころか崇拝するご本尊だろうが。
しかもこのツイートに対する批判もなあ。これを女性差別を背景にした男性側からの「善導」みたいに読むとか、どんだけ頭の中が差別に染まってるんだ。これは、コンテンツ商売で飯食ってる人間が、そうでない素人に向けて気づいていないor考察の甘い点を指摘しているだけだろう。知識格差・経験格差こそが背景であって、それは補填不可能な差ではない。それすらも差別とか言っちゃうんだろうかこの人は。