自炊後のデータ管理についての雑想

想定しているのは、SQLによるRDBM。
取り込んだ本のページには、それに対応するページテーブルのレコードが与えられる。

ページテーブルの定義

page_id
一意に決まるページID。通番。unsigned intだが、理論上64bit欲しい。
body
データそのもの。pdfかpngかはわからないが、ともかく何らかの画像データ形式。理想はSVGか?
lr
左右属性。見開きにした時に、そのページが向かって右側にくるか左側にくるかを記録する。
direction
向き属性。そのbodyを画面に投影する際、「上」がどちらになるかを示す。デフォルトは「0」時計の針で考える。たまに、「昔の原稿を縮小して……」などと理由をつけて方向を変えて印刷する部分があるので。
before
「前ページ」のpage_id。空欄可能。空欄の場合はそこが始点になる。ただし、一つの本に始点が複数有り得る。途中まで右開き、その後左開きといった本もあるからである。
touch
接続属性。空欄可能。見開きで二つのページを以て一つの絵とみなす場合、その接続先のpage_idを格納する。
book_id
書誌。後述の書誌テーブルのbook_idを格納する。そのページが所属している本を意味する。なお、この書誌は図書館学的な書誌に加え、版・刷による区別を加えたものになる。誤植等の変遷を確認するのに使える。
color
モノクロかカラーか。
is_text
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、テキスト情報を含む場合、trueになる。活字を含むことを条件とする。例として、小説・コミック・絵物語などが該当する。
is_illust
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、手書きないしCGのイラストを含む場合、trueになる。例として、小説の挿絵・コミック・絵物語・イラストなどが該当する。
is_photo
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、実写あるいは加工した実写を含む場合、trueになる。例として、著者近影・写真集などが該当する。

書誌テーブルの定義

book_id
一意に決まる書誌ID。通番。unsigned intだと、42億で、全ISBNを格納するには理論上若干足りない。よって、64bitにする。
gtin
ISBN/EAN/UPC等を変換してgtinとして保存する。空欄可能。重複可能。
edition
版刷情報
release_date
版刷情報があるため、同じgtinであっても違う場合がありうる。

自炊後のデータ管理についての雑想

想定しているのは、SQLによるRDBM。
取り込んだ本のページには、それに対応するページテーブルのレコードが与えられる。

ページテーブルの定義

page_id
一意に決まるページID。通番。unsigned intだが、理論上64bit欲しい。
body
データそのもの。pdfかpngかはわからないが、ともかく何らかの画像データ形式。理想はSVGか?
lr
左右属性。見開きにした時に、そのページが向かって右側にくるか左側にくるかを記録する。
direction
向き属性。そのbodyを画面に投影する際、「上」がどちらになるかを示す。デフォルトは「0」時計の針で考える。たまに、「昔の原稿を縮小して……」などと理由をつけて方向を変えて印刷する部分があるので。
before
「前ページ」のpage_id。空欄可能。空欄の場合はそこが始点になる。ただし、一つの本に始点が複数有り得る。途中まで右開き、その後左開きといった本もあるからである。
touch
接続属性。空欄可能。見開きで二つのページを以て一つの絵とみなす場合、その接続先のpage_idを格納する。
book_id
書誌。後述の書誌テーブルのbook_idを格納する。そのページが所属している本を意味する。なお、この書誌は図書館学的な書誌に加え、版・刷による区別を加えたものになる。誤植等の変遷を確認するのに使える。
color
モノクロかカラーか。
is_text
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、テキスト情報を含む場合、trueになる。活字を含むことを条件とする。例として、小説・コミック・絵物語などが該当する。
is_illust
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、手書きないしCGのイラストを含む場合、trueになる。例として、小説の挿絵・コミック・絵物語・イラストなどが該当する。
is_photo
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、実写あるいは加工した実写を含む場合、trueになる。例として、著者近影・写真集などが該当する。

書誌テーブルの定義

book_id
一意に決まる書誌ID。通番。unsigned intだと、42億で、全ISBNを格納するには理論上若干足りない。よって、64bitにする。
gtin
ISBN/EAN/UPC等を変換してgtinとして保存する。空欄可能。重複可能。
edition
版刷情報
release_date
版刷情報があるため、同じgtinであっても違う場合がありうる。

自炊後のデータ管理についての雑想

想定しているのは、SQLによるRDBM。
取り込んだ本のページには、それに対応するページテーブルのレコードが与えられる。

ページテーブルの定義

page_id
一意に決まるページID。通番。unsigned intだが、理論上64bit欲しい。
body
データそのもの。pdfかpngかはわからないが、ともかく何らかの画像データ形式。理想はSVGか?
lr
左右属性。見開きにした時に、そのページが向かって右側にくるか左側にくるかを記録する。
direction
向き属性。そのbodyを画面に投影する際、「上」がどちらになるかを示す。デフォルトは「0」時計の針で考える。たまに、「昔の原稿を縮小して……」などと理由をつけて方向を変えて印刷する部分があるので。
before
「前ページ」のpage_id。空欄可能。空欄の場合はそこが始点になる。ただし、一つの本に始点が複数有り得る。途中まで右開き、その後左開きといった本もあるからである。
touch
接続属性。空欄可能。見開きで二つのページを以て一つの絵とみなす場合、その接続先のpage_idを格納する。
book_id
書誌。後述の書誌テーブルのbook_idを格納する。そのページが所属している本を意味する。なお、この書誌は図書館学的な書誌に加え、版・刷による区別を加えたものになる。誤植等の変遷を確認するのに使える。
color
モノクロかカラーか。
is_text
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、テキスト情報を含む場合、trueになる。活字を含むことを条件とする。例として、小説・コミック・絵物語などが該当する。
is_illust
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、手書きないしCGのイラストを含む場合、trueになる。例として、小説の挿絵・コミック・絵物語・イラストなどが該当する。
is_photo
デフォルトはfalse。そのページのコンテンツが、実写あるいは加工した実写を含む場合、trueになる。例として、著者近影・写真集などが該当する。

書誌テーブルの定義

book_id
一意に決まる書誌ID。通番。unsigned intだと、42億で、全ISBNを格納するには理論上若干足りない。よって、64bitにする。
gtin
ISBN/EAN/UPC等を変換してgtinとして保存する。空欄可能。重複可能。
edition
版刷情報
release_date
版刷情報があるため、同じgtinであっても違う場合がありうる。

実地調査

iPhone(& iPad)アプリでMr.Bookなるものがありまして。
公共図書館や古本屋(それと特別にブックオフをカテゴライズしている)の全国地図アプリなのです。
ぶっちゃけ田舎に住む私としては350円払ってガセつかまされたと言う思いが禁じ得無いのです。私の住む地域に限定してのことだとは思うのですが、ググッただけの不正確なことがわかっている情報になんで銭払わねばならんのかと。
怒りのあまり、実地調査をしてしまったのですが。
と言うわけで、一日かけて分かりきっている店は除いて、残り全部の店を回ってきましたよ、と。
登録26件中7件が閉店しており、生きている店も場所がずれているのが半分、未登録の店が3店舗。
なんで金払った上に自腹切ってこんなことやってるのかと。まあ、それがマニアとかオタクの道ではあるんですが。
あー、現地確認の必要があるのが後2件あった。明日また行ってみるかな……。
P.S.それと、報告はいつ反映されるんだろう。

実地調査

iPhone(& iPad)アプリでMr.Bookなるものがありまして。
公共図書館や古本屋(それと特別にブックオフをカテゴライズしている)の全国地図アプリなのです。
ぶっちゃけ田舎に住む私としては350円払ってガセつかまされたと言う思いが禁じ得無いのです。私の住む地域に限定してのことだとは思うのですが、ググッただけの不正確なことがわかっている情報になんで銭払わねばならんのかと。
怒りのあまり、実地調査をしてしまったのですが。
と言うわけで、一日かけて分かりきっている店は除いて、残り全部の店を回ってきましたよ、と。
登録26件中7件が閉店しており、生きている店も場所がずれているのが半分、未登録の店が3店舗。
なんで金払った上に自腹切ってこんなことやってるのかと。まあ、それがマニアとかオタクの道ではあるんですが。
あー、現地確認の必要があるのが後2件あった。明日また行ってみるかな……。
P.S.それと、報告はいつ反映されるんだろう。

実地調査

iPhone(& iPad)アプリでMr.Bookなるものがありまして。
公共図書館や古本屋(それと特別にブックオフをカテゴライズしている)の全国地図アプリなのです。
ぶっちゃけ田舎に住む私としては350円払ってガセつかまされたと言う思いが禁じ得無いのです。私の住む地域に限定してのことだとは思うのですが、ググッただけの不正確なことがわかっている情報になんで銭払わねばならんのかと。
怒りのあまり、実地調査をしてしまったのですが。
と言うわけで、一日かけて分かりきっている店は除いて、残り全部の店を回ってきましたよ、と。
登録26件中7件が閉店しており、生きている店も場所がずれているのが半分、未登録の店が3店舗。
なんで金払った上に自腹切ってこんなことやってるのかと。まあ、それがマニアとかオタクの道ではあるんですが。
あー、現地確認の必要があるのが後2件あった。明日また行ってみるかな……。
P.S.それと、報告はいつ反映されるんだろう。

児童文学には子供の心が必要です。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200902250091.html

橋下知事、返還に前向き 児童文学館廃止で寄贈本問題
2009年2月26日

 大阪府立国際児童文学館(同府吹田市)に本や資料を寄贈した人たちが、同館の廃止条例案を2月議会に提出した府に返還を求めている問題で、橋下徹知事は25日、「お返しするのも大きな解決策」と報道陣に述べ、返還に前向きな姿勢を示した。寄贈者も記者会見して改めて返還を主張。府立中央図書館(同府東大阪市)への蔵書移転を計画した府教委は「蔵書がばらばらになってしまう」と戸惑う。

 同館の蔵書70万冊のうち50万冊は寄贈分。14万冊の寄贈者で児童文学研究者の鳥越信さん(79)はこの日の記者会見で「資料が散逸するのは本意ではない」としつつ、「1万人近くいる個人の寄贈者全員が返還を求めることで、移転のための予算審議を凍結させたい」と語った。

 しかし、府教委幹部によると、橋下知事はたとえ返還しても、館の廃止と残る蔵書の移転は実現するつもりという。この幹部は「蔵書をまとめて保存する最善策を考えてきただけに困った」と話す。返還には新たな議決や費用負担などの課題もあり、難航しそうだ。(小河雅臣)

予算審議を妨害してどうするつもりなんだろう。子供のように駄々をこねてるだけに見えるが。
「散逸させるのは本意ではない」のであれば最初から返還しろとか騒ぐなよ。
まあ、この図書館自体は漫画文化に対する重要な地位を占めているので、どんな形であれ存続するのは喜ばしいことで。
で、できれば今度の運営にはこの自称児童文学研究者さんはタッチしない方がいいよね。